農業水利施設機能総合診断士

講習会

講習会及び認定試験の募集期間を延長しましたのでお知らせします。

  • ■講習会と認定試験を同時に申込む場合
     令和2年7月20日(月)~9月11日(金)

  • ■認定試験のみを申込む場合
     令和2年7月20日(月)~9月18日(金)

農業水利施設機能総合診断士の講習会及び認定試験について 第1報

  • 今年度の農業水利施設機能総合診断士の講習会については、新型コロナウィルス感染対策のため、例年、東京会場で行っていた講習会に替えて、講義動画を自宅あるいは職場のパソコン等で視聴する在宅(WEB)講習を行うこととしました。
  • 受講申込み・受講方法については、今後、ホームページ上に掲載します。
  • また、認定試験については、11月28日(土)に東京会場、京都会場で行うことを予定していますが、新型コロナウィルスの感染拡大状況によっては変更となる場合あります。

講習会(在宅講習)

受講資格

2020年4月1日において以下のいずれかに該当する方。

1.技術士(農業部門 農業土木・農業農村工学)
2.農業土木技術管理士
3.農業農村整備事業に関する調査・計画・設計・施工・積算等の技術的な実務経験が10年以上の者。実務経歴書(令和2年6月末現在までの年数)により審査いたします。

受講方法

受講票・テキストのお届け(9月中旬から郵送します。)

 ↓

在宅受講のアクセス先メールを配信(9月24日~25日頃に受講申込書に記入されたアドレスにお送りします。)

 ↓

1.在宅受講開始(9月28日(月)~10月30日(金)の間に受講を行ってください。)

 テキストを参照しながら、カリキュラムに示す各講義を受講し、「在宅受講確認シート」の作成を行う。

 ↓

2.在宅受講確認シートの提出農業土木事業協会(shindan@jagree.or.jp)へメール送付する。

 ↓

修了証書の交付

 在宅受講確認シートの提出を確認したのち、修了証書(PDFデータ)をメールで返信します。

 ※講習修了者は、当該年度を含め3年間。認定試験の受験ができます。

 ※本講習会は、農業農村工学会技術者継続教育機構の認定プログラムへの申請を予定しています。

カリキュラム予定(仮)

講義1.(60分)農業水利施設のストックマネジメント
講義2.(120分)農業水利システムの特性および機能と性能
講義3.(90分)保全計画の策定
講義4.(120分)パイプラインの劣化特性と調査・診断
講義5.(110分)開水路(鉄筋コンクリート)の劣化特性と調査・診断
講義6.(90分)劣化の評価・判定・劣化予測
講義7.(90分)ポンプ設備のれか特性と調査・診断
講義8.(60分)ゲート整備の劣化特性と調査・診断
講義9.(60分)電気設備の劣化特性と調査・診断
講義10.(60分)水管理整備の劣化特性と調査・診断
講義11.(50分)総合診断士の視点
>

受講手続き

  1. 申込期間
    令和2年7月20日(月)~8月31日(月)(郵送の場合は当日の消印有効)

  2. 受講料
    55,000円(テキスト代、消費税含む)
    郵便局備え付けの郵便振替払込用紙で払い込みのうえ、受領証の写しを受講申込書に貼付してください。

    払込口座番号 00170-2-121179 加入者名 一般社団法人 農業土木事業協会
    通信欄に「総合診断士 講習会受講料」と記載願います。

  3. 申込方法
    講習会・認定試験申込書(様式1.4号)に記入し、以下のいずれかの受講資格を証明する証明書等を添付の上、当協会あてメールまたは郵送してください。
    ①技術士(農業部門 農業土木・農業農村工学)資格所有者は、技術士登録等証明書の写し
    ②農業土木技術管理士 資格所有者は、登録証書の写し
    ③農業農村整備事業に関する実務経験10年以上の受講資格者は、農業農村整備分野に関する実務経歴書(様式2号)に記入し、所属機関長等の公印を押印のこと。

  4. ※各受講者へ在宅受講のアクセス先を農業土木事業協会からメール送付しますので、各受講者のメールアドレス(パソコンまたは携帯)を申込書のe-mail欄に記入してください。申込書は郵送(簡易書留)またはEメール(原本の送付は不要)で受付けます。
        ・郵送先:〒105-0004 東京都港区新橋5-34-4
         一般社団法人 農業土木事業協会 総合診断士 係
        ・Eメールアドレス:shindan@jagree.or.jp
        ※タイトルには「令和2年度 総合診断士受講申込み」と記載し、
        申込書はPDF形式で送付願います。
        なお、受講票郵送後は、理由の如何にかかわらず受講料の返還はいたしません。

Copyright(C)2003-2015 Japan Association of Agricultural Engineering Enterprise All Right Reserved.